むし歯はどうしてできる?むし歯の成り立ち

お口の病気の代表格ともいえるむし歯。なんと日本人の約90%以上がむし歯にかかっているというデータがあります。
ある意味身近な存在でもあるむし歯は軽く見られがちですが、放っておいて元に戻ることはありません。それどころかどんどん進行して大変なことになることも…
今回はそんなむし歯ができる原因についてお話したいと思います。

むし歯はこうしてはじまります

わたしたちが食事をする度に、口の中では『脱灰 (だっかい)』と『再石灰化』が行われています。
この二つの作用のバランスが崩れて、脱灰が進むとむし歯が始まります。

脱灰と再石灰化とは

むし歯の原因菌は主として炭水化物や砂糖を原料としてネバネバした、水には溶けない物質を作り、その中で増殖しながら酸をつくりだしていきます。
酸によって歯のエナメル質からはカルシウムやリンがどんどん溶け出す『脱灰』が起こります。これがむし歯のはじまりです。

食後しばらくすると酸性に傾いたお口の中は、唾液のもつ中和する働き(緩衝能(かんしょうのう))によって徐々にpHが元に戻ります。
そのとき唾液の中のカルシウムやリンが、歯の表面のエナメル質に戻る『再石灰化』が行われます。
 

むし歯をつくる4つの条件

むし歯をつくる条件として以下の4つが代表的なものとして挙げられます。糖分の摂りすぎなど普段の生活で対策できることですので、ぜひ気を付けてみてください。

  • むし歯になりやすい質の歯
  • 歯垢をつくりやすい糖分
  • むし歯菌
  • 時間の経過

いかがでしたか?
むし歯ができる原因を知り、予防を心掛けることで歯の健康をいつまでも守ることができます。
むし歯予防や治療について気になる方はお気軽にゲン歯科クリニック( TEL:092-471-0110 )までご連絡ください。

この記事を書いた人
ゲン歯科クリニック

福岡・博多のゲン歯科クリニックです。
当クリニックでは、患者さんとの信頼のキャッチボールを大切に日々治療を行っています。
こちらのブログでは、予防歯科に関する情報をスタッフが不定期で更新しています。

歯に関するお悩み・ご相談はこちらまで
092-471-0110

フォローして最新の記事情報を取得
未分類
フォローして最新の記事情報を取得
ゲン歯科クリニック 予防歯科ブログ

コメント